ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

私立学校のオープンハウスに行ってきた

2コマ:オープンハウス
チープなイメージですんまそん



今日はアッパーイーストサイドにある、某私立学校のオープンハウスに行ってきた。
スクールツアーというやつ。
これに参加しないと、受験資格がない、というシステム。

こうやって無事、ツアーに参加できたからよかったけれど、あわてて申込用紙に記入していた先月は、参加できないかもー! と1人てんぱりまくり。

とにかく記入項目が多くって、多くって「なんでやねん!」と逆ギレして、星一徹ばりにちゃぶ台をひっくり返したい勢い。

質問の意味はわかるかるけれど(例えば「どうやってこの学校のことを知ったのか」など)、つたない英文で書くと「あたしってあほちゃう?」的な気分になり。

友だちに頼んで、中学英語レベルから、大卒レベルの英語に変えてもらったり。


でも、今日学校に行ってみて、どうしてそんなに事細かに記入させられたのが、よくわかりましたよ。


とにかく学校が狭い。
由緒ある古く、幅の狭い建物一つ全てをを使って、各学年、1クラスしかないから。

1クラスの生徒数は、18人から22人。


今回、息子は幼稚園への入学ということで、申請したのですが、募集人数は、たったの19人。おーのーっ!

くらあっと立ちくらみ。


でも、カリキュラム内容は素晴らしい!

アメリカの学校は、本当に学校や先生によって、まったく授業内容が違う。
同じことを習っていても、先生の進め方によっては、クラスによって習うことが最終的に違っているという、日本では考えられない事態も起きる。

その点、ここの学校だと各学年1クラスでそういった「最終的には習っている内容が違う」ということはあり得ない(はず)。

さらに、クラスを半分に分けて行動をする、ということも多々あるようだから、がっつり濃厚に。

小さい学年の場合、クラスに先生が2人。
事細かに生徒の様子をみているようにしている上に、頻繁に先生たちが集まって会議を行って、生徒にあった授業の進め方を考えるようです。

郊外には牧場があって、年に3回、5日間のお泊まりで、いろいろなことを学んでくる、というのが、大きなポイント。

そうだよ、小さい時は自然に触れてなんぼ。
ましてやこんな大都会ニューヨークに住んでいると、なかなか自然とふれあう機会なしだし。

そこにあたしがここの学校の「多様性」にも惹かれましたね。

多くの有名私立学校は、残念ながら白人率がとても高いから。お金持っている人の割合でいくと、どうしてもそうなってしまう。
そこにいろいろな人種を「混ぜる」ことをやってはいても、総合的にみると、なかなか「混ざっていない」場合が多いのですよ。

ところがここは多様性が55%(この数字はかなり高いです)というように、生徒のみならず、先生も白人から黒人、ラテン系にアジア人にインド系と多岐にわたっていましたね。

もちろん学費は高いです。
年間300万円はくだりません。

でもずばり、ファイナンシャルエイド狙い。


今、獅子丸が通っている学校も、生徒数は12人。

獅子丸は、あまり人が多いところはダメなタイプなので、この学校のような、ちんまりした、先生が事細かに生徒に目が行き届くところが合っていると思う。


しかし……

19人……

どのくらい応募者がいるのか。

針穴に糸を通すような狭き門。



来週の金曜日に、獅子丸込みのインタビューがあります。
そこでの彼のパフォーマンスと、学校側がどんな生徒を求めているのか、その辺りに絞られることでしょう。

獅子丸の生命力にかけるのみです。

ってさー。
4歳児の子どもにそんなプレッシャーかけてどうするんだよー、ニューヨークっ!



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。