ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

私立幼稚園の面接に行ってきた

先週の金曜日、19日に、息子を入れたいと力一杯思っている私立幼稚園の面接に行ってきた。

時間は11時15分集合。
グループ面接、というやつです。
我が家を入れて4家族でした。

子どもたちをある教室へ導いて、そこにあらかじめおもちゃたち(パズル、昆虫、ブロックにお絵かきなどなど)を設定して、好きなもので遊ばせて様子を見るという形。

その間に親たちは隣の部屋で待って、一家族ずつ面接をするのかなと思ったら



家族も子ども同様にグループ面接。


え?


ディレクターいわく「時間がない」ということだからです。



おーい、それじゃあ、どうやって自分の子どもをアピールするのおおおおおお??????



「質問のある方はどうぞ」

と言われても、あたしの場合はとくに質問はないし。

前日のオープンハウスでカリキュラムに関してはよくわかったし。

一番気になる「食事」に関しても、いくらヘルシーをキーワードにしていても、日本食のようなヘルシーな食事になるわけではないし。

それよりも、申請用紙を出した時と状況が変わっている場合があるので、その辺りを個人的に説明させていただきたいーとか思っていた場合はどうなるんでしょう???

でもこうやってグループ面接なら、なるほどなーと一人納得。
どうりでこの学校、申請内容が細かいと思ったよっ。
こっちの大学を出ていないあたしには拷問のようでしたよ!

だってね


■どうやってここの学校を知ったのか?

■どうしてこの学校にあなたの子どもを入れたいのか?

■「多様性」を売りにしているこの学校へあなたの子どもが入ることの意義は何か?

■学校側が、とくに知っておいたほうがいいと思われる、あなたの子どもについて述べよ。



それに、学校側からの、息子のレポートもあります。

■学校での生活態度。

■成績。

■親に関しても「どのくらい学校のイベントにボランティアとして参加しているか」というのがありました。


特に私立の学校は、親が学校へどのくらい貢献するのか、できるのか、が大きなポイントになりますからね。

とにかく申請用紙の裏へいってもいいから「書く」「書く」「書く」、よりアピールすることが求められます。


面接の時間でも他の人が、アフタースクールのプログラムについて聞いたりしている中、あたしも質問という形を取りながら、息子は日本語もがっつりわかるバイリンガルです、ということをより強調。

1学年に1人くらい、日本人とのハーフの子どもを入れてみてはいかがでしょうか?? ってね。

印象としては、他の家族の人たちは、もっと他の私立幼稚園を受けているので、そんなに重要じゃない(違うかもしれないけれど)ような雰囲気。



さて、面接を隣の部屋で受けた息子ですが……




何よりも「女の子」に間違えられたこと(苦笑)。

いいんです、よくあることなので。

やっぱり大好きな地下鉄のマークが入っているTシャツを着せていったらよかったかな。
そうすれば、それをきっかけに先生との会話がはずんだかしら。
と思ってしまったけれど、あとの祭り。


コチラは大人用ですが、もちろん子ども用もあります。




「ぼくね、先生にシャイねって言われたの」

と、学校から出たあと教えてくれた獅子丸。

そうかー、シャイって言われたのか。


「いやだ、いやだ、いやだ」とずっと言い続けて、周りの子どもたちの行動を不安げにじっと見ていた獅子丸。

面接を受ける教室にも一番最後に入って、いったい何で遊ぼうかと、両手をクロスさせる形で両肩を持ち、自分をプロテクトしていた獅子丸。

1人の女の子が遊んでいた「ABC」パズルをじっと見ていた獅子丸。
先生が他のおもちゃで遊ぼうと言っても、無言で首を振り、無言でパズルを指していた獅子丸。

先生に他のパズルを持ってきてもらった時点で、あたしは教室を出た。

後は野となれ、山となれ、だ。


でも規定の時間が終わって、部屋に入ってきた獅子丸は笑顔。

先生たちとどういったコミュニケーションを取っていたのか。

あと19人という人数に対して、どういった部分を見て取るのか。

この不景気の中、なんだかんだと言っても、全金額を納めることができる家族を優先的にやはり取るのではないかという話もあり、あまり期待はしないほうがいいのかも。

獅子丸が今行っている学校の先生が、この学校のディレクターに電話をして「プッシュしておくから」とは言っていたけれど、他の生徒も同じことをしているようなので(ある意味当たり前だよね?)、本当にどうなるかまったくわからない。

それよりも、まだ間に合う他の私立学校(カトリック系など)も探しておいたほうがいいのかな、ともふと思ったり。



結果は2月中旬にわかります。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。