ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

あれ、鈴虫が、鳴いている……

お盆前の、いつ頃からだろうか。
10日くらいからだろうか。

夜、寝つくころに、窓の外から「りーん、りーん」と、鈴虫の鳴く声がする。

今、夜の11時30分前だけど、前の公園から、蝉、つくつくぼーし、そして鈴虫などの鳴き声が聞こえてくる。

日本に帰ってきて、7月に入るか入らない頃だっただろうか、木という木から蝉の鳴き声が聞こえ始めて「ああ、いいなあ」なんて思った。

獅子丸を保育園から連れて帰ってくるとき、桜並木を通り抜けるんだけれど、両サイドに蝉がいて、まさにシャワー状態。

蝉の鳴き声って、ニューヨークで聞いたこと、あったっけ?
アパートの前の公園から、もしかしたらつくつくぼーしの声を聞いたかもしれないけれど、こんなに大音響では鳴かないよね。

それに公園からは、土曜日は基本的にはアフロ太鼓の音が日が落ちた後の9時過ぎまで響き渡るし、あとは子どもたちの遊ぶ声。
車からは、大音響で流行りのブラックミュージック。
ご近所のおっちゃん、おばちゃんたちの声。
カースワード混じりで真夜中にケンカをしているカップルたち。

要は自然というよりも、人が作り出す「音」があふれ出ているのがハーレム。

それに対して、実家は……





すんごい静か。


あたしが住んでいた頃は、夜でももっと学生の声がしていたような気もするんだけれど、そうでもなかったのかな。

人の生活をする音に、街の中から聞こえてくる音楽に驚いたのって、もしかしたら、カリブ海に浮かぶドミニカ共和国に行ったときだったかもしれない。



なんだか静かすぎて気持ち悪いような、悪くないような。

でも外から聞こえてくる虫の声って、いいね。




と、


思いたいんだけれど、



実は鈴虫、大量に鳴いて、うるさい。

でもって、朝の5時から思いっきり鳴かなくてもいいから、蝉たち。


うるさくって、眠れない!



贅沢、だねえ。




ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
男の子育児ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。