ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

シャンプーハットの威力に敬服

小さいときからお水に慣れさせるのがいい、と育児書(もしくはネット)で読んだので、1歳くらいから、がんがん、がんがん、獅子丸がいやがるのもものとせず、シャワーで顔にお水をばーっとかけていたおかん。

その反動なのか、ここ1年くらい、ちょーシャンプー嫌い。
いや、最近はお風呂嫌い。

あたしは知らなかったんだけれど、2歳くらいまでに、ほぼ毎日のように髪の毛を洗っていたら、金田一耕助のように、頭をばりばりかくのでなんじゃ? と思っていた。

ら、黒人の頭皮って日本人よりも乾燥しやすいんだって。だもんで、乾燥して頭が「痒く」なってしまうそうだ。

なんと!

夏じゃないんだったらシャンプーは週イチでいい、と同じくミックスベイビーを持っているお母さんから教えられ……

そうだったのか!

ということで、今では週イチシャンプーを目指しているんだけれど、獅子丸がなかなか風呂に入りたがらないから、シャンプーもなかなかできない。

でもってくるくる天然カーリーヘアーだもんで、毛先が絡まりほこりも一緒に絡まって……
なのに、そんな髪型を見て多くの人は「ちょー可愛い髪型♪」とか言ってくださる。

いえいえ、何も手入れしていない、きっちゃない髪の毛なんです、すいません。
おかん失格です。

しかし何か良い方法はないんだろうか。

そこで必殺技、シャンプーハットの登場です。
じゃじゃじゃーん。





白を買ったせいで、何がなにやらみえませんが、ドラえもんのシャンプーハット。
日本から遊びに来た友だちに持ってきてもらいました。

そしてその友だちも、青でぞうさんの絵入りのシャンプーハットも持ってきてくれて……獅子丸が選んだのは、友だちのやつ。

なんでだー。

「だってぼく、青が好きだから」

さいでがんすか。

その夜、さっそく使ってみた。

「シャンプーはダメだよ、お母さん」という獅子丸に有無を言わせずハットを頭に入れて……

ところで最近のって伸びるタイプだから、どんなサイズの頭にもフィットするんだよね〜、すごいね〜。

髪の毛を出して、頭にお湯をかけて……

「やめてえっ」と叫ぶ獅子丸。
でも、あれ? お水、顔にかかっていないよ。

鳩が豆鉄砲でもくらったように目を見開いている獅子丸。
その顔にはやんわり笑顔が。

今までは水がかかる度に両手でばしばし顔を叩いていて水を払っていた獅子丸。
ふははははは、もうそんなことしなくたっていいのだー。

すごいぞシャンプーハット。
ぼくらの味方だ、シャンプーハット。

ぼくちゃんはなんじゃこりゃって顔をしていたので説明したけれど、アメリカには売っていないんだろうか?
これ、ぜったい受けると思うんだけれどなあ。





ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
男の子育児ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。