ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

お母さんはシェアできないの?

獅子丸がはーっとため息。

なんだ、なんだ。
どうしたんだ。

「お母さんがシェアできないの……」と、クッションをぐっと抱っこして言う。

シェア、シェア?
なんの?

「ビールをぼくとシェアしてくれないなんて……」


あ、
ほ、


かーっ!


んなことできるわけないだろがーっ。




お酒を子どもの前で飲むのはどうかなーといつも思ってしまう。
でも仕方ないの。
飲みたいものは、飲みたいの。

なので「お母さんはビール飲もう」とか言って、獅子丸の目の前でぷしゅっと缶ビールを空けたりしておりまして。
もちろんその時には獅子丸にはオレンジジュースとか与えて。

でも、獅子丸は獅子丸でビールにすんごい興味があるようなんだよね。

なので、ペリエとか、しゅわしゅわ系を買ってあげたら「これ、獅子丸のビールね」なんて喜んで飲んでいたんだけれど、やっぱり本物を試してみたいらしい。

いや〜飲ましてもいいんだけれど、早すぎるっ。
あたしが初めてビールを口にしたのは小学校の2年生の時だよ。
それまで待て。

って、それも違法だよっ。



あー、獅子丸の前でビール飲むの、辞めようかな。
辞めた方がいいかな。
うーん……

しかし適度なアルコールは辞められない。
ビールを辞めて赤ワインとかにすればいいのか。
といっても飲んでいたら、やっぱり飲みたがるんだろうし。

透明なコップに入れないで、湯飲みで飲めばいいのか。

なんて、そんなことで悩んでいるあたしって……。

しかしなあ、いつも「お友だちとシェアでしょ」と言っていることが、まさかこんな時に使われるとは……

確かに使い方は間違ってはいないが、だが、しかし。


獅子丸が寝てから、よなよな飲むことにしよう。
それで解決だ。

あー、明るい太陽の下で飲みたいよー。



ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
男の子育児ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。