ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

かけ算はスペイン語で?

最近数字に興味がある獅子丸。
またしてもiPhoneの中に入っているYou Tubeでいろいろサーフィンしていて、見つけたのがコレ↓


スペイン語の九九。
それもなぜか4の段がお気に入り。

「は〜い、静かにしてくださ〜い。これから4の段をやりますよ。皆一緒に言いましょうね」
「はい、よく言えました。それでは一緒に歌いますよ」

ってな感じだろうか。

最初の「アタンシオン(attention)、アタンシオン、シレンシオ(be quiet)、ポルファボール(please)」はわかるけれど、その後がわからない。でも獅子丸は音を拾っているから「お母さん、○○ってどういう意味?」と聞く。

わかりませーん。

おかんがわかるのはあと「bueno, vamos cantamos(良くできました、さ、一緒に歌いましょう)」くらいだけだ(綴り、怪しいなあ)。

でもスペイン語で覚えるって早口言葉みたいで大変だよね。
英語もなんか長そうで大変だし。

英語:
とぅーたいむすとぅーいこーるふぉー(two times two equal four)

スペイン語:
どすぽるどすいくあっとろ(dos por dos y quattro)

日本語:
ににんがし

日本語って素晴らしいね!

獅子丸は一応10までスペイン語で数字が言えるけれど、スペイン語で九九を覚えるのはな〜。

と思って日本語での九九を調べてみたけれど、興味を示さなかった(涙)。
というか、面白いのなかったんだよね、ざっとですが。

さすがラテンな国。
九九もリズムが大切ってことなんだね。




ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
アメリカ東部情報ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。