ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

アパートのドアのガラスが傷つけられて

「アキツ、昨日の夜中に大きな音、しなかったか?」
と、明け方実家から帰ってきたぼくちゃんが訊く。

音?

「ううん、何も」
「アパートの入り口のドアのガラスが割られようとしている」
「は?」

あたしたちが住んでいるアパートの入り口の扉は2重になっていて(って、普通そうなんですが)、2枚ともガラス張り。
その、外側(つまり歩道側)のガラスが割られようとしたらしく、すごい傷がついているらしい。


←これです。

見えますか? 
左の真ん中あたりが白っぽくなっているでしょ。そこを中心に亀裂がわーっと広がっていて……。

これって、まるで銃で撃ったあとのようじゃん。

といっても、穴が開いているわけではなく、何か固いもので衝撃を与えた感じ。

なんか、この間の部屋の扉破壊未遂事件といい、なんだよー、これ。

確かにハーレムは他の地域と比べたらまだまだ「ラフ」なところ。
でも2001年10月からハーレムには住んでいるけれど、こんな事件は何一つあたしの身の回りでは起こったこと、なかった。

みーんなあたしをスルーして行っていたのに、もうそうじゃないってこと?



思えば、アパートの管理人が変わってから何かしらヘンなことが起きるようになってきた。

もともとこのアパートは個人の持ち物。
でも大家さんがかなりの高齢、さらにお隣のNJ州在住ということで、昔のようにほいほいハーレムにはこれなくなり、このブロック一体を不動産もやっているRが仕切ってくれていた。

といっても、下の階に住むSは去年一年で4回もキッチンの天井が落ちるという不幸に見舞われ、さすがにキレたのかしかるべきところへ電話した結果なのか、ウチのアパートだけ管理会社が管理することになった。

あたしはこのことについて諸手を挙げて喜んだ。
だって大家のじーさん、すごいケチ。
獅子丸を出産する1ヶ月前に冷蔵庫がぶっ壊れ「壊れたから新しいのをお願いします」連絡したら「本当に壊れたのか? 人をやるから確認させる」と言われてプッツン、キレたアタシ。

買ってくれないんだったら311(注)に電話してやるーと叫んだら、翌々日には新しいのが来た。

*311:苦情受け付け電話番号。でも何か困ったこと、わからないことがあったら311。ここでレポートされてしまうと大家さんに悪い記録が残り(多分)今後の活動にかな〜り支障がでる。ので、多くの大家さんは恐れているのであった。

下のSは天井が落ちる度に文句を言っても、お金がないから安い人を雇って、何の解決にもならず。

ウチはウチでガスコンロがもう本当にひどいことになっていて、写真を送りつけようと思っていた矢先の管理会社介入だったので、これで問題解決! と喜んでいたのに……。

新しい管理人さんはとてもいい人で、何かあったらすぐかけつけてくれる。
でも雇われている管理会社がケチなのか、コンロがまったく新しいのにならない。

他にもたーくさん問題があって、まったくどうなっているんだという感じ(もちろん全部写真撮ってあるし、いつでも311に電話できる体制)。

そんな矢先のこの事件。

どうやら原因は下の階のSらしい。

となると、Sが弁償しないといけないはずだけど、やらないだろうな、彼女。

ガラスが傷つけられてから5日は経っているのに、何も変わらず。

この春にはハーレムを出ようと思っていたけれど、いろいろあって出ることができなくって、でも、絶対に出てやるわ、このアパートだけは。

まったく、S、アンタ何やってんねん!!

ということで、機会があったらSについて書いてみます。





ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
アメリカ東部情報ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。