ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膀胱炎かと思ったら

オムツが取れるまで、約1年以上も時間を費やした獅子丸。

いや〜長かった。
途中でほぼ取れそうだったのに、何を思ったのか「パンツいや。オムツマンになる」と言い出してから10ヶ月近く。

最後のほうでは「オムツいや。パンツがいい」なんて言っていても、家のトイレでするのはイヤだとか、そうかと思えば家以外では用は足さないことも多くて、ヘタすると6時間から7時間、ずっとおしっこを我慢していることなんてもあった。

それでもここ1ヶ月くらいはどこでも用を足すようになり、眠るときもオムツなくても大丈夫になった(尿意を感じたら、自分で起きるようにもなったし)。

ところが、最近、2週間くらいだろうか、外から帰ってトイレに行って用を済ませたあと、すぐ5分後にまたトイレに駆け込むことが増えた。

尿なんてほとんどでないのに、どうやら尿意を感じているらしく、それから何度も何度も行く。ちゃんと測ったことないからわからないけれど、1時間に最低3回はいっているであろう。

たまには「おしっこが止まらないの」と泣きながら訴えたり。

やばい、これってもしかして膀胱炎!?

と思ってドクターに会ってきたら……

「それってね、幼児の男の子にはよくあることなのよ」

と一言。

えー、そうなんですか?

それに、もし膀胱炎だったバイ菌がいるわけだから、こんなにも普通でいられないし、男の子の身体の仕組みだと、バイ菌が入りにくいらしい。

「彼はいたって健康そのもの。大丈夫」

と言われておしまい。

そうなのか……。

あなたの息子さんは、どうですか?





ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
男の子育児ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。