ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

おいしいカレーのつくり方

カレーと言えば、我が家ではS&Bゴールデンカレー辛口を使用。
とくに父が作ったのが美味しかった。

父は朝の10時前から準備をして、強火で20分、その後弱火でコトコト煮て、夕方にルーを入れて、またコトコト。そうして夕方6時に食卓にカレーが上がる。

カレーは翌日のほうが美味しい、と言われているけれど、父の作ったカレーはいつ食べても美味しかった。

残念ながら、ニューヨークではほとんどS&Bゴールデンカレーは安売りの対象にならないのか「こくまろ」ばかり。なので「こくまろ辛口」で作っていた。

カレーっていいよね、メニューに困ったら「カレーでいいか」で済むもん。

獅子丸が生まれて、簡単、美味しいと日本のお母さんの間で評判のアンパンマンカレーを食べさせていたんだけれど、いちいち日本から送ってもらうのも高いし時間もかかるので、日系スーパーで見つけた幼児用カレールー「星の王子様」。

残念ながら美味しくなかった。

大人の市販のルーでもいいのか〜、幼児に、と思っていたら、甘口ルーを牛乳で伸ばしたらいいよ、といわゆる「先輩お母さん」に言われ、そうか。

甘口といえば、西城秀樹の声が頭の中でエンドレスに聞こえてくる「ハウス・バーモンドカレー甘口」が定番でしょう。

なんてったって「り〜んごっとハチミツ、とろ〜り溶けてるっ♪」ですから。

なので、バーモンドカレーだよ〜をさっそく購入。

野菜を細かく切って、バターでしんなりするまで炒めて、肉を入れて、水入れて。アクを取って、さらに牛乳で伸ばし〜。

できたー。

まずいー。

というか、なんか、イメージしていたカレーの味と違う。

獅子丸も、アンパンマンカレーの時のようにガツガツ食べない。
もちろん、おかわりもしない。

困った時のカレー

が、使えない。

何回か作ったけれど、イマイチ。
おかん友だちが作ったカレーをがしがし獅子丸が食べていたので、彼女からつくり方を聞いて作ってみたけれど、同じようにはならず。

やはり隠し味の醤油がないのがダメなのか?

いかんなあ。
最近、とみに料理がヘタになってきているぞ、と。

どうもイメージしていた味になっていないことが多い、今日この頃。


美味しいカレーのつくりかた、教えて下され〜。





ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
アメリカ東部情報ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。