ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

思わずため息、子どもの学校はどうしようかな。

アパートの目の前は公園。
去年まではそんなことなかったのに、今年は公園から聞こえてくる子どもたちの声に異常に反応している獅子丸。
食事中でも立って窓の外をのぞいて「みんないるよ、公園に行きたい」と言って、天気のいい日は日没まで遊んでいる(涙)(今の日没はだいたい夜8時。ピークは9時近くになる)。

「もうちょっとすると、そんなこと言ってられないから、今のうちに公園で思いっきり遊ばせた方がいいよ」

とは、獅子丸より2歳と4歳年上の子どもを持つご近所のお母さん友だちから言われた。

ハーレムと言えば、まだ公立の学校のレベルがよろしくなく、でも私立と公立の間のようなチャータースクールというのがあって、これがなかなか全米でもなかなかいいレベルを保っているとのお話。
あのオバマさんも「ハーレムの学校を見習うように」と他の州に言っているという話も聞いたことがある。

アメリカでは3年生くらいに全米で行われるテストを必ず受けないといけないシステム。
確かニューヨーク州だったか(シティではないはず)、全米平均やや下というレベルなんですよね、公立校。

ところが有名私立トップ5が、マンハッタンのアッパーイーストサイドとアッパーウェストサイドにあるという。ま、お金持ちエリアだしね〜。

ということで、自分の子どもをより良い学校に入れるために、いろいろ、本当にいろいろとアクションしていくわけですが……

「ウチの子どもの行っている公立の学校なんて、宿題なんてないのに、今日あった幼稚園の子の宿題、すごいんだよー。足し算とか引き算とかもう習っていて、宿題も毎日すごく出ているの」と、上記の友だちが言っていた。

幼稚園で足し算、引き算?
さすが評判のいい、チュータースクール。やることが違う。

しかしまだ5歳でしょ〜。
でもって、その子、今アメリカで一世風靡しているKUMON(公文)にも通っているらしい……。

毎日宿題の量が多くって、公園で遊んでいる暇もほとんどないらしい。

「ウチも日本語の補習校に入れているけれど(ここのお家はマンハッタンにある私立の日本語補習校に行っている)、ひらがなの書き方があってね、順番通りに、ちゃんと見本通りに書かないと、丸がもらえないんだけれど、それがばかばかしくってね。そんな時間があるんだったら絵本の一つでも読んであげたいんだよ」

だから、もうちょっとしたら、そんな日没まで公園で遊ばせたくても、遊ばせられない日がやってくるよ〜と、その友だちは言いたかったってことでして。



獅子丸はこの9月からプリスクール。
日本で言う、3年保育の真ん中? かな。

幸い今行っている学校の校長先生がすごーく獅子丸のことを気に入ってくれているので、そのまま通うことになっている。
でも、周りの友だちは、いろいろ、いろいろ下調べをして、子どもにとってよかれと思うところへ通わせるよう手配。

獅子丸の場合、問題は来年の9月からどこの幼稚園に通わせるのかってこと。

一応日本から帰国した9月から11月の間で、脱ハーレム計画を実行して〜なんて考えてはいるけれど、その辺りって私立の申し込みやら、有名公立の申し込みやらあるはず、なんだよね。

ああああああああー
日本のように、どこの学校へ行っても、最低レベルの、ちゃんとした教育をしてくれるシステムだったらいいのになーーーーー。

頭イタイわ、本当に。





ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
アメリカ東部情報ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。