ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

ギブス、リニューアル

20日は病院へ。
獅子丸の骨折がどうなっているかの検診。

朝9時15分の予約。
おー、こうなったら遅くとも30分前に着かなくては……と思っていたのに、着いたのが9時半(涙)。そらー待たされます、ええ、がっつり。

1時間ほど待たされて、ギブスを作ってくれたドクターに再会。
レントゲンを撮ることを言われて、レントゲンを撮ってみた。

ら、くっついています、ちゃんと!
はやっ。

でもね〜、角度を変えたら、微妙にくっつき具合がずれているような……(汗)。

やっぱり、動かしすぎだったんだよっ、獅子丸っ!

と、心の中での叫び。

でも最新技術で(?)、すぐ見られるし、ダメだったら削除して、また撮り直して。それもタッチスクリーンでした。妙に関心。でもって富士フイルムか開発したものだったし。さっすが日本企業!

それからドクターにまた会って、なんと、ギブス破壊しておりますがなっ。

えー、あと5週間くらいあるのに……
新しいのをするとは言っているけれど、あの、仰々しい機会ないよ、ここ。

と思っていたら、高齢のインド系の先生が登場。
どうやらこの人が外科関係をしきっているようだ。

専門用語が多いから詳しいことはわからないけれど、どうやら最初のギブスの仕方にちと文句をつけている。

え……

あの……

最初が肝心って言うじゃないですか。
最初が甘かったら、骨のくっつきぐあい、やばくないんすか?

それでも順調だ、みたいなことを言っているようで、一緒に行ったぼくちゃんは終始ご機嫌。

そしてなんか粘着質な包帯を巻いてお終い。
乾いたら、固くなって、それがギブスってことらしい。

へええええええええええ。
石膏ギブスをずっとしているんじゃないんだ。

やはり医療も進化しているってことでして?

すごい細くなって、ある意味ラク。

いや、石膏ギブスのとき、腕が入らないから洋服どうすんべかーと焦った。
友だちから大きめの服をもらったり(本当に感謝)して乗り切っていたけれど、これなら今まで着ていたやつも微妙に入る、かも??

さー、新しいギブスにまた絵でも描こうか(前回はしっかりシンケンジャーの面々を描いた)。と思ったらさー、包帯が固まっている感じなので、表面がざらざら(肌に触れると痛い)。

表面をなめらかにする素材を使って、それから描くか。
って、そこまでやらなくても??



検診のあと、ランチ取って、それから公園。
砂場はね〜、避けて欲しいね〜。

細くなったギブス、わかります?

ギブスって、オランダ語だった。
本来は「
でも日本人には発音が難しいらしく、今のギブスになまったそうで。

英語ではキャスト(cast)。
配役なんかと同じ単語。
面白い。

でも本当に日本語のカタカナ語っていろんな国の言葉を網羅して、こういう時、困るよね。
ホッチキスしかり(ドイツ語。英語だと、ステイプル)。



ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
男の子育児ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。