ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

花火とニューヨーク

夏と言えば花火
なんですが、ニューヨーク州では花火は禁止されています。
ペンシルベニア州では許可されているのに、なんでなんでしょうか。

といっても、7月4日、独立記念日の夜、ハーレムでは、どーん、どーん、という音が、響き渡りました。

この日は前日から獅子丸が39度近い熱を出し、家でだら~としていたのですが、夜の10時くらいから音がし始めたのです。

彼らはいったいどこから花火を手に入れてくるのか?
多分、州境、ですよね、もちろん。

そういえば去年も、交通量が少なかったとはいえ、125丁目のど真ん中に打ち上げ花火を設置して、夜の10時過ぎにどかん、どかん、と打ち上げていました。
ロケット花火もピューピュー音を立てて夜空に舞っていましたね。
警察来ないの? と思いつつ、獅子丸としばし観戦……。

「でもね、花火禁止になってよかったよ」とは90年代初頭にニューヨークに来られた方のお話。

「だってさ、開いている窓に向けて花火を放つんだよ。怖いし、ヘタしたら火事になるじゃん」

なんつー危ない使い方を……。

そりゃ禁止になりますよ。

残念ながら、ニューヨークで日本の夏の夜のように個人的に花火はできないけれど、ここ数年前から毎週金曜日の夜に、ブルックリンのコニーアイランドで花火が打ち上がるのです。

去年初めてみたけれど、独立記念日の花火の迫力に劣らないし、何よりも近くで見られるという特典付き。

今年も何度か足を運んでみようと思います。

それにしても花火の英語がfire worksって、情緒ないよね、本当に。



ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。