ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

数字はお金を使って覚えるのが、アメリカ流?

獅子丸のクラスでは毎週2日、Take Home Bagというのをやっています。

バッグの中にいろいろな教材が入っていて、それを家に持って帰って実験などをして、それでどういう結果になったのかを考える。

つまり「お持ち帰りの宿題」ですね。

・磁石がたくさん入ったもの
・コマがはいったもの(Spinnnerというようです)
・動物の人生(一生)について描かれている絵本を見ながら、備え付けのCDを聴く

などなど、10種類近くあるみたいなんですが、持って帰ってくるのを忘れたり、熱を出してできなかったりとして、他にどんなのがあるのか気になるおかんです。

さて今回持って帰ってきたのが「マネーゲーム」というもの。

やり方はいたって簡単(大人には、かも)。

Game 1:25セントを早く集めたほうが勝ち
Game 2:1ドルを早く集めた方が勝ち

というものです。

25セントの場合、使うコインは
・サイコロ1つ
・1セント
・5セント

サイコロを振って、その数だけのコインを集めます。
1セントが5枚になったら5セントと交換。
そうして早く25セント集めた方が勝ち。

という、とても単純なゲーム

1ドルの場合は
・サイコロ2つ
・1セントコイン(30枚用意)
・10セントコイン(20枚用意)
・1ドル札(2枚)

やり方は25セントと同じようにサイコロを2つ振って、出た数だけコインを集めます。1セントが10枚になったら10セントと交換。

自分で25枚集まったらクオーター(25セント)と交換、とか付け加えてもいいかもしれませんね。

負けた人は「あと何枚足りない」「あと何枚で25セント(1ドル)になる」などとやると、数字にもっと強くなるかも? と思っています。

このゲームをやるときに気をつけたのが、コインの並べ方。

獅子丸はぐちゃぐちゃっと並べていたのですが、おかんは1セント、10セントを1列5枚で並べるようにしました。

5の塊で考える

ということを意識して欲しいな~と思っているからなんです。

アメリカは日本と違って数学のレベルが低い、と言われていますが、実際、苦手な人が多いのは事実ですよね。
もちろん、その人が受けた教育のレベルというのもあるんでしょうけれど、かけ算もまともにできない人が本当に多いですから。

なので、お金を使ったり、トランプを使ったりしてのゲーム的感覚で数学スキルを伸ばす、というのはこの時期には非常に重要なんだな、と思います。

獅子丸の通っている学校では、公文のような、いわゆる「ドリル」はやっていないようで、いつもこうやって遊んでいる形で算数を習っているようです。

このマネーゲーム、日本円でも普通に遊べると思うので、よかったらやってみてくださいな。






ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。