ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

対決! オーガニック納豆 in USA

前回の『納豆は臭い?』にでも書かせてもらいましたが、臭い臭いと言われまくりの納豆
そして日本と比べてあまりにも高くて美味しくない納豆

お米だって豆腐だってアメリカで作っているこの時代、納豆はないのかっ!?

と、思ったら、ありましたよ、納豆を作っている方が。

それもニューヨークで。

もちろんオーガニック納豆です。

ところがこの方とはまた別に、オーガニック納豆を作っている方がいられます。
マサチューセッツ州で。

ちょっと趣味悪いですが、食べ比べをしてみました。

NattoHikakuC.jpg
この二つを比べました。


まずは、あたしがニューヨークに来て数年後に教えてもらった納豆屋さん、KENDALL FOODさん。

MANattoC.jpg

聞いてみると、かなりのお母さん友だちが知っています。
でもいろいろな事情があって、もう新規のお客様はとらないそうです。
欲しくても購入できないという哀しい事情。

ということは、

はい。
アカウントを持っている人を探して購入していただくしかないんです。

特徴としては、

●豆が小粒
●粘りがはんぱなくすごい。
MAnatto.jpg
粘り感が見えますよね?

腱鞘炎の友だちが「粘りが凄く、重たくて混ぜられない」と言ったくらいです(実話)。
とにかく粘りに驚きます。
●一つで三回分位はあるでしょう。

そしてこちら、ニューヨークの納豆。
NAnattoC.jpg

特徴としては、

●できたてを届けてくれる(一つ一つに製造日がついています)。
なので、いわゆる納豆の臭みがありません!
NYnatto.jpg
お豆がふわふわしている感じです。


●10日ほどまったら発酵して、いわゆる「納豆」になります。
これがまたうまい!
●比べると普通の豆のサイズ。

NattoHikaku.jpg
左がNY産、右がMA産。
コンテナの大きさもお豆の大きさも比較できるかと思います。



ただ、ニューヨークの納豆さんの場合、コンテナの使い回しが出来ないのがもったいないような。
って、こんなことは大きなお世話なんですが。

どちらも甲乙つけ難いです。

金額を比較したら、ニューヨークの納豆さんのほうがやや割高なんですよね。

それでもできたての納豆に、ライムと塩で食べる、というのには驚いたし(めっさ旨くて獅子丸も完食)、今流行りの塩麹で食べてみても面白いかもしれませんね。

ニューヨークの納豆は、個人的には、贅沢な納豆といえます。

ちなみに10日待って、普通の納豆にして食べても、それはそれは美味しかったです!

あー、またそろそろ納豆買わないと〜。


●ニューヨークの納豆屋さんのリンクはコチラ
納豆以外にも、オーガニックの塩麹、醤油麹などなども販売されています。

KENDALL FOODの納豆は、アップステイトの日系スーパーで購入できるそうです(友だち情報)。

興味のある方、ぜひお試しくだされ〜。

さあ、あなたも納豆のある生活、しましょう!






ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。