ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領選挙を終えて、おもふこと。

今さらですが



祝! オバマ再選!



というくらい、もう本当に緊張しまくりの今回の大統領選挙でした。

いや、4年前も同じかな?

でも今年のほうがもっと接戦と伝えられていたので投票結果がはっきりするまでは本当に落ち着きませんでした。

ネットで投票結果を見ていて、最初の頃は州が赤く染まる度に「うおーっ! なんでまた赤!?」と叫んでいたあたしに「お母さん、オバマさんが勝つに決まっているじゃないか」と冷静だったのが獅子丸。

そりゃオカンも



ロムニーなんてあり得ないだろ!



と、思うのですが、アメリカは広いし、何よりも疑惑のフロリダがありますからね(今回もいろいろと疑惑なウワサが飛び交っていたようですが、最終的には僅差でオバマが勝ちました。10日に結果が出るなんて……)。

でも真ん中の真っ赤っかの州の人たちからしてみれば、大きな声では言えないけれど(そして言ってはいけないことだろうけれど)




黒人が俺たちの大統領なんてあり得ん!

許せん!






というだけで反オバマという人たちもたくさんいたことでしょう。
ある意味、それだけだった、とも言えるかも。

そういう人たちの多くが中国と日本は同じ国と思っていたり、南半球はないものと思っていたり、いつまでも「アメリカ・イズ・ナンバーワン!」と思っているんでしょうね。

時代は流れているのに、留まっている人たち。

ニューヨーク(青い州)からルイジアナ(赤い州)に引っ越しをした友だちは「選挙の度に、住める場所がわかる、限られる」と言っていましたが、本当にそう思います。
赤い州には……住めない……。

なので、ミックスの子どもを持ったあたしとしては、オバマも言っているように「多様性」こそアメリカの特徴だと思うから、そういうことを奨励している人が大統領というのは非常にありがたいなと素直に思います。

21世紀でありながら、やっぱりどこかで「黒人」であることは「白人」と違って差別は受けます。

いわゆる「ブラック・コード」というものもあるし。

そんな中、獅子丸が物心ついたときから、一番最初の記憶に残っている大統領が「黒人(正確にはハーフ黒人ですが)」というのは、ものすごくいいことだと、本当に思います。

オバマが出て来る前までは「黒人が大統領になるなんて、夢また夢の話」ということで、何にでも成れる、でも大統領だけには成れない、という暗黙の了解的な部分があったと思うけれど、今では本当に、願えば何にでも成れる、ということが彼によって証明されているわけですからね。

残り4年、本当の意味でオバマ大統領には「Change」しながら「Forward」していってもらいたいものです。




オバマさんに関する本って、絵本もたくさん出ていますが、日本人首相の本って、そうそうないですよね?






ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。