ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の「ハロー」に当たる言葉は何だろう??

獅子丸のクラスでは毎朝生徒を集めて「モーニング・ミーティング(今日のスケジュール)」を確認します。
これはどうやらこの学校のスタイルみたいで、どのクラスでもやっています。

その時に先生が、こんな歌を子どもたちと一緒に歌っているようです。

Everyone comes from different place
Everyone has Different Face
Everyone has Different Things
And Together We are One Big Family

みんな違う場所からやってきている。
みんな違う顔をしている。
みんな違うことをやっている。
そしてぼくらは大きな一つの家族なんだ。

In Spanish "Hola" means "Hello"
In Spanish "Hola" means "Hello"
"Hola" means "Hello" in Spanish

スペイン語で”Hola(オラ)”は”ハロー”という意味

In French "Bon jour" means "Hello"

フランス語で”Bon Jour(ボンジュール)”は”ハロー”という意味

………………

と、続いていくようです。

獅子丸のクラスにはインド系の子、ドイツとのミックスの子どもなどがいるので、その国の言葉も取り入れていっているようなんです。

中には英語で'Hi(ハイ)"が”ハロー”という意味なんだよ、と言った子もいるらしく……確かにそうですけれどー。

そこでオカンとしては、やっぱり日本語も取り入れようじゃないか、と思ったんですが、



ハロー」に当たる日本語って何なんでしょう?




一番最初に浮かんだ言葉は「どうもでした。

というのも昔、日本語も話せる外人タレントが「どうも」という言葉はとっても便利と言っていました。
Hello, Goodmorning, bye-bye, excuse me...etc. に当たることも、この「どうも」一言で片づけられる、と。

でも

In Japanese "Doh mo" means "Hello"

ってどうかしら?

「どぅおも」っぽい発音になりそうだな、それにある意味外人に対して市民権受けていない言葉だよなあ、ということで却下。

ということで、100%イコールではないけれど、やっぱり日本語と言えば

「アリガト」
「サヨナラ」
コンニチハ

が有名。

なので、3番目の「コンニチハ」にしました。

フランス語だって「ボンジュール」になっているしね。
あまり細かいことはいいんじゃないのかな、ということで。

ということで、今では

In Japanese "Kon ni chi wa" means"Hello"

が歌の中に組み込まれているようです。

もちろん発音的には「こんにちは」ではなく「コンーチウヮ」ですけれどね。



ニューヨークは世界でもトップ3に入るほど人種が混ざっている都市です。

人種差別はよくない、人類皆兄弟と言っても、それを実行するのは難しいです。
ある意味「きれい事」とも言えるわけですから。

でも、小さいときから

みんな肌の色は違う
みんな話している言葉も文化も違う


ということを多少なりとも理解していければ、未来はまた違うのではないのかな、と思っているおかんです。

たとえわかった上で、戦争が起きるとしても。







ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。