ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋人の名は……



おかん、まさか5歳児の息子にプリンセス~なお人形を買い与える日が来るとは……思ってもいなかったです。

いや、そうでもないのかな。
ただ単に、かたくなにおかんが拒否していただけなのかもしれません。

それは「女の子のおもちゃであって、男の子のおもちゃじゃないから」と。


肌の色で人を差別してはいけない
同性を愛する人を差別してはいけない


といいつつ、獅子丸がバービー人形買って、と言ってきたら

「はあ? なんでそんな女の子が遊ぶ人形が欲しいンだよ~~~~」

と声には出さなかったけれど、ひたすら拒否。
特に理由も与えず。
ダメなものはダメ、とだけ言って。

でも『TOY STORY』に出ていたジェシー人形は別なんですよ。
だってほら、ウッディにバズーにジェシーとトリオですからね。

でも獅子丸、小さい時から女の子のお家へ遊びに言ったら、プリンセス~なお人形で遊ぶの好きだったんですよね。

4歳の時の冬、ドーラにハマリ、ドーラ人形を買って下さいと言われたことがありました。

が、ドーラ人形って……




ぶさいくかわいくない




ということで、色つき工作用紙で作ったり。

photo-2.jpg
これはドーラとブーツ。
絵を見て、一筆描きならぬ、一気にはさみで切り刻みます。


その時、獅子丸のリクエストでプリンセス(ドーラのそっくりなプリンセスがいるんです)を等身大に近い大きさで作りました。

眠るときも、外へお出かけするときもずーっと一緒に持って。
もちろん地下鉄にも一緒に乗りましたよ。

破れたらテープやノリで修正して。
どうしようもないくらい破損したら、また作って。

トーイストーリー3を見てからは、バービー買った攻撃が始まりました。
でも紙で作って回避。

ところがお友だちの『ばーちゃんの家』に遊びに行ったときに、


おおおおおおお!


そこにはバービー人形が!


獅子丸、すっごくうれしそうにバービーをかた時も離さず、息子くんと遊んでいます。

帰る前も後ろ髪を引かれまくり。

そして先日遊びに行ったときにはラプンツェルが!

「最近の子どもって、お人形遊びしないのか、みんな興味示さないんだよね。獅子丸が一番遊んでくれる(笑)」

と、言われてしまいました(笑)。

もともとお人形(フィギュア)遊びが好きだからね。

きっと彼の頭の中の妄想が爆走するんでしょう。

普段も爆走しているからなあ。


その後、買って買って買って買って攻撃が激しくなり、いや、もうどうしようかと思いましたね。

アフタースクールでバービー人形遊びをしていても、とっても楽しそうだったし。

そんな時

女の子が車や電車のおもちゃを持っていてもヘンな目で見られないのに、どうして男の子がバービー人形を持っていたらヘンな目で見られるんだろう? おかしくない?

と、おかん友だちの一言で

そうだ!

と、単純ですが思ってしまったおかん(笑)。

男の子だからって、さすがに小さい時にはピンクは着せなかったけれど、ピンク以外の色はなんでも着る獅子丸。
肌の色とマッチして、赤やオレンジが映えるしね。

ピンクは好きな色の上位に入っているし。

バービー人形で遊んだからって同性愛者になるわけでもないし、なったらなったで、それは獅子丸の個性なのだ。

おかんは丸ごと受け入れるよ。

つか、おかんが受け入れないで誰が受け入れるのだ?


とまあ、大げさですけれど、獅子丸のリクエスト通り、タイムズ・スクエアにあるディズニーストアに行って購入してきました。

獅子丸、大喜び。

よしよし。

帰りの地下鉄の中で開け始めたときは……ちょっとどうしようかと思いましたが(苦笑)。
隣のおばさんがほほえましい様子で見てくれたので、まあ、よし、と。

まだまだ修行が足りないおかんです。


さてさて、家に帰って、どうやって遊ぶのかな……とこっそりベッドルームを覗いたら……


あれ?

ウルトラマンにアタックされてる!




As you like it.







ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。