ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

6番がいいの

世田谷区の三宿の交差点からすぐにある世田谷公園。
ウチからだったら自転車で約30分ほどの距離で、はっきり言って遠いんだけれど、ここにある『ミニカート』なるものが素晴らしいのだ。

いってみれば、足でキコキコ動かしながら動かすゴーカート。


小学校3年生まで利用でき、園内には狭いけれど専用道路がある.
信号やら横断歩道が着いていて、ミニ自動車教習所のよう。

見ているとかなり脚力が必要のようで、獅子丸、最初はまったくできなくって泣き叫んでいた。

前に進むはずが、後ろに行っちゃったりしてね。

「お母さん、押して」と叫ぶ、叫ぶ。
でもさー、前屈みになって押すのって腰が痛い。
なのでちょっとした坂道になったら足で蹴って押していた。

「足で押さないのっ」と、できない悔しさと暑さでキレていた獅子丸だけど、10分くらい経ったら自分でできるようになって、楽しそうにずーっと遊んでいた。

たしかその日は合計2時間くらい遊んでいたのでは?

2回目に行ったときは、日曜日。
混みまくりです。

でも、すごいの。
車が止めてある車庫の前に看板が立っていて、そこにに「待っている人がいたら、変わってあげましょう」「保護者の方も、協力してください」的なことが書いてある。

もちろん待つほうも列に並んで待つ。そうするとちゃーんと変わってくれるんだよね、コースを2周くらいしたら。

素晴らしい。
そんなこと、ハーレムの方たちにはありえない。

獅子丸は獅子丸で、全部で10台ある車のうち「今日は6番に乗りたい」とかなんとか言っちゃってさー、3番が来ようが9番が来ようががんとして動かない。
「すごいですね、その年でそんなこだわりがあるなんて」
「ポリシーがあることはいいことですよ」と、お先に失礼しますと言っていくお父さん、お母さんたち。

確かにそうかもしれないけれど、ただ待っているときの態度がよくないのだ、獅子丸の。

「あの子は6番に乗っちゃダメなの」とか、「獅子丸しか乗っちゃいけないの」など、ちょ一1人っ子のわがまま全開。

おい、こら、まてぇ。

ニューヨークの学校でシェアすること、学んでないの?
東京の保育園でシェアすること、学んでいないの?
自分のものは、自分のもの。他人のものは他人のもの。みんなのものは、みんなのもの。
世の中はお前を中心には動いていないって、教えてなかったっけ、あたし。

こんなわがままにオレは育てているのか? このガキを? 

と炎天下の中、1人ガツンと落ち込んで、もうぐったり。

でも、6番が来るまで他の人に抜かれても平気だし、6番に乗るために10分でも15分でも待つから、ある意味すごいと言えばすごい。
その頑固さ(諦めない気持ち)は失っては欲しくないけれど、たまには融通きかせませしょうさ。
でないと人生辛いぜ〜。

なんて、大人な意見?

こういったことがあると、他の親たちから「あら、乗れましたね」とか声をかけてもらえたりして、意外な交流が始まったりするのが、面白いところ。もちろんその日1日だけとはいえ、なかなか有益な時間がおかんも過ごせて楽しい。

でもなー、もしこれが近所の公園だったら「あら、また獅子丸くん来たわよ、今日は何番乗りたいのかしら」とか有名なガキになっちゃたりして。
日本のお母さんたちは優しいから、すぐ譲ってくれそうだしね。

でもそうすると獅子丸もそれに甘えちゃうから、こうやって2〜3週間に1回くらいちょろっと行って、自分の好きな番号になかなか乗れない体験をたくさんした方がいいんじゃないかと思うオカンなのである。

3回目の今日は、6番乗って、10番乗って合計1時間くらいで満足したようだ。


10番の彼がなかなか変わってくれなく、しびれを切らした獅子丸は自分で彼と交渉。

そうそう、次回からは自分で交渉するように。




ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしますね。
男の子育児ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。