ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン語の勉強は、英語の国から?

今年の残りにやってみようかな、と思っている一つのことが、スペイン語の勉強。

というのもワタクシ、1998年から1999年、ふらり中南米一人旅をしてきたので、今もなーんとなく覚えています。
多分、旅行スペイン語なら今もなんとかなるんではないでしょうか?



スペイン語の前にもっと英語をちゃんとさせろよー



という、心の声もあるんですが、ま、ニューヨークですから、スペイン語話せる人の率が高いし、わかると楽しいかと思うんですよね。

それに獅子丸が通っている学校でも、スペイン語の歌とか習ってきていますから。



とりあえず、スペイン語のレベルを、今現在の英語のレベルくらいまで上達させる。



という、無謀な目標を立てておりまする。

問題はどうやって勉強するのか、になりますよね。

ネットでスペイン在住の日本人の方が教えてくれるスペイン語レッスンがいいかな、といくつか調べました。
素晴らしいのがいくつかありましたよ。

でもそうすると英語で伝えたい時のニュアンス、例えばhave been(現在完了ってやつですね)に当たるスペイン語はなんだろう? と、ちょっと混乱してしまいそうな気配。

なんてたって目標も英語レベルまで引き上げる、という無謀さですから(苦笑)。

でも英語もそんなにできるわけではないから、おや? と思ったときの虎の巻でがっつり読む予定です。
実にちゃんと勉強したことないので。

こちらで日本語で書かれた参考書とかは高いので、英語で書かれたスペイン語のテキストを、と思ったけれど、地下鉄の中で読み始めたらぜったい眠るだろうし、いちいち机に座って勉強するのもちょっとなあ……

ということで

友だちの勧めもあって、ポドキャスト(Podcasts)で探してみました。



あるわ、あるわ、ざくざくざく。
すごい量だし、ほぼ無料。

はっきりいってPodcastsの使い方を知らなかったんですけれど(汗)、こんなんだったらもっと前から利用しておけばよかった……。

さて、数あるうちから選らんだのが


Coffe Break Spanish


というところ。

さっそくダウンロードして聞いていると……


なんか、

英語が、





アメリカ英語っぽくない……


なんていうのですかね、微妙に鼻から抜けている音がするというのか……
フレンチっぽいっていうのか……

それにスペイン語と言えば、巻き舌R発音がすごいんですけれど、その威力も弱い。


あたしが慣れ親しんできたラテンアメリカのスペイン語とはほど遠い!



そのまま聞き続けていたらこんな会話がありました。

「De donde elles? (どこの国の方ですか? Where are you from?)」

「Soy de ESCOSIA」





えすこしあ?





さー、エスコシアとはどこの国のことでしょう?


はい、そうです。
日本語でも英語でも同じですが

エスコシア、とは







スコットランド





という意味です。




あたしゃ今の今まで知りませんでしたョ、スコットランドの言葉がスペイン語だったなんて(違います)。



なんでしょう、この違和感。


なんでスコットランド人にスペイン語を教わらにゃいかんの?

いってみればメキシコ人に教わる日本語?

つーか先生、フランス語も素敵な発音なんですけれど。


とはいえ、細かいことに(アメリカ英語じゃない、ラテンアメリカのスペイン語じゃないとかね)こだわらなければ、ブログラムはすごくいいです。
わかりやすいです。

発信地がヨーロッパということもあってか、教えてくれているスペイン語は、本国スペインの言葉。
あたしが慣れ親しんできたラテンアメリカのスペイン語とは微妙に違います。

例えば

Hi! How are you?

ひとつとっても

Hola! Como esta?
(オラ コメスタ?)

というのがラテンアメリカでしたが

どうやら本国スペインでは

Hola! Que tal?
(オラ ケタル?)

となります。


あら、日本語の解説を読んだら、Como Esta? のほうが、もうちょっと丁寧な言い方だそうです。
へええええ。


なので聞いていても「うん、こういう風に言うよな」と思っているフレーズが違ったり、そうだったけ? と思うことが多々あって、面白いというのか、なんでもフレシキブルにいかないとね、と思っているところです。

だって中米と南米でも単語の言い方違うし、日本でも方言あって、通じなかったりしますもんね。

とりあえず今は職場へ行く時のみ聞いていて、まだ始まったばかりだから、ちょいと鼻歌なんて吹かせて聞いていますが、続くかしらん。




Hasta luego!




ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。