ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

ロボットは生きている?

5歳児獅子丸は、毎日学校が終わったら、アフタースクールに通っています。
日本で言うと学童保育所、とでも言うんでしょうか?

4人のクラスメイトがそこに通っているんですが、そのウチの1人の家族とすごく仲良くさせてもらっていて、車で息子くんをピックアップに来ると「ついでだから一緒に帰ろう!」と、いつもあたしと獅子丸を誘ってくれます。

車の中ではいろんな話しをするんだけれど、先日の話題は「ロボット」。

「ボーイズたちよ、ロボットって生きているのかな?」
と、お友だちのお父さんが、息子くんと獅子丸に訊きます。

「YES!!」
と元気な声。

「じゃあ、”生きている”ってどういう意味なのかな?」
「ご飯を食べるの!」
「空気を吸うこと!」

ロボットは空気を吸うかな?」
「吸わないよ」

ロボットはご飯を食べるのかな?」
「食べないよ!」

ロボットはねえ、心臓がないから生きていないんだよ」と獅子丸。
「そうそう、頭脳(ブレイン)もないしね」と、お友だちの息子くん。
「しゃべれないしね!」と獅子丸。

そこでお父さんは訊きました。

「ボーイズたちよ、ロボットって生きているのかな?」

「Yeeeeeeees!」

友だちのお父さんとおかんは大笑い。
でも子供たちは何で笑っているのかわかっていないみたい。

「この話の続きは次回」と笑いながらお別れ。

獅子丸に今度は日本語で質問。
「ロボットって生きているのかな?」
「生きているよ!」



ニューヨークのどこかに、ロボット博物館とかあればいいのに。

取りあえずアトムを見せようか、とふと思ったオカンです。

ロボットって、科学ってロマンいっぱいだなあ。



これ、まじで欲しいです。



ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。