ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

だってニューヨーカーだもん

5歳児獅子丸、幼稚園に通い出してますます英語が達者になってきております。

もともとオカンに似たのかおしゃべりで、自分の友だちの親にくったくなく話す傾向があったので、2歳児前後の子どもに対して世間一般に言われている

バイリンガルは言葉が遅い
男の子は女の子と比べて言葉が遅い


なんてどこへ吹く風やらって感じでした。

でもって、とにかく獅子丸、英語で話すのが「早い」。
いわゆるマシンガントークじゃないけれど、子ども同士、特に仲のいい男の子との会話なんて早すぎておかん、ついていけません。
きゃー、まじで? 
はい、まじです(涙)


獅子丸は生まれも育ちもニューヨークなので、彼の英語は世間一般よりも「早い」と言われている「ニューヨーカーな英語」です。

会話の最後につける「~だよね?」「そうだろ?」に当たる「right?」も、さくさく、さくさく末端についているし。

よくまあしゃべるよなあ……なんて今日も獅子丸を学校からピックアップした後に思っていたら、一緒に返っていた友だちのお父さんが「それってナイスアイディアかな?」と、自分の息子に訊いていました。

!!

m


あたし、奴らがどんな会話をしていたのか全然わかってない!

あいたたたたたたた。

しかし、これは本当にまずい問題。
日本語だったらそのお父さんと同じように「それってナイスアイディアかな?」って訊けるだろうけれど、早口で、でもって大人ほど発音がクリアじゃなかったりして、英語ネイティブじゃないオカンにはかな~り不利……。

「さっき何言っていたの? どうしてJはお父さんにナイスアイディアじゃないって言われたの?」と訊いても、本当のこと、言うかしら?
まだ5歳だから言うかしら?

いやいやいやいやいや。

自分が不利になることなんて、正直には言わないでしょう。
あたしだって言わないから(笑)。

なんでも、とは言わないけれど、大切なことは話してもらえるように獅子丸とのコミュニケーション、しっかり取っていかないと、と痛感した出来事でした。
特にティーンネイジャーになっていくと、ますます心理は複雑になっていくはずですから。

おかん、もっと英語の勉強もしないと……とも痛感した出来事でもあります。



ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。