ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

数字の10までは、ポケットでカウント

「お母さん、ポケットのついているパンツがいいの!」

と、ある日を境に獅子丸、5歳児が言い始めました。

いつもはジャージしかはかないのに。

なんだ?
なんだ?
どうしたんだ??

と思ったら、解明しましたよ!

獅子丸の通っている学校では、毎週校長先生から今週のレポートのようなものが手紙で届きます。
それと同時に獅子丸の担任の先生からも、毎週のようにレポートが届きます。

そのレポートに書かれているのは、クラスでこんなことがあった、この時に生徒たちがこんな反応をした、などと書かれています。

今週のレポートに、ポケットを使って算数をした、と書かれていました。
名付けて「ポケットゲーム」。
どうやら数を数えるゲームのうちの一つのようです。

何人かのグループに分かれて、ポケットがいくつあるのか?
そのポケットの中に小さなサイコロ(のようなもの)を入れて、10にしていきます。

例えばAくんが4つのポケットのあるズボンをはいていたら、10にするにはあといくつポケットが必要ですか?

ということを学んでいるようです。

そして最後には、みんなのポケットを合わせたらいくつになるのか?

ということもやったようで、最終的には生徒25人のポケットを数えたら105ポケットあったそうです。

家でも紙コップや卵のコンテナなどで、お豆やクレヨン、ペンネ(アメリカって本当にパスタ系がおもちゃに使われますよね?)や好きなおもちゃを使って全部で10になる遊びをやって下さい、とも書かれていました。

なるほど。これなら楽しく数が覚えられます。

って、日本の幼児教育の本に書いてありますって?

ちょっとこれから、家で取り入れていこうと思います。





ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。