ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

ブックフェアで、運営資金集めに思うこと

先日行われた『ウィンターコンサート』の週、学校の運営資金集めの一貫として『ブックフェア』なるものが開催されていました。

この催しものは、コロンビア大学付近にある”Bank Street Bookstore"が完全バックアップして行われました。

この本屋、本だけでなくおもちゃなどもかなり充実していて、教育熱心なお母さんたちから強い支持を集めているところ。なので、ここが推薦してきた本なら、ある意味「お墨付き」と言えるもの。

会場となった教室には所狭しと本が積み上げられ、1番セクションにはニューヨーク関連の本が。2番セクションは伝記関係。と、各セクション毎に、それぞれ合ったテーマで本が置かれています。

というのも、スタートした月曜日、各クラスの生徒たちが訪れて、自分の好きな本を親に最高5冊までリクエストできるから、わかりやすく配分されているんですよね。

またこの「リクエスト」というのがよくできています。

おもちゃだったりお菓子だったりすると、購入するのに「ちょっとね……」と躊躇してしまっても、「本/絵本」だったら、何度でも読めるし教育的に「いい」と思うので、躊躇無く購入できます。

ということで、ウィンターコンサート後、たくさんの親たちが子どもからのリクエスト表を片手に持って、あーだこーだ、なんだかんだと本を購入していました。

って、そんな自分もしていましたが。

子どものリクエストのみならず、各クラスの先生からも「こんな絵本がクラスに欲しい」というリクエストがまたあって、どうせ自分の子どもも読むんだから、と、子どものリクエスト本+クラスのリクエスト本で購入している親も多かったです。

その結果、今回のフェアは昨年以上の売り上げを出したようです。

こちらが獅子丸に購入した絵本たち。

books

彼のリクエストは「スパイダーマン」と「蜘蛛(From Egg to Spider)」のお話。
それ以外の3冊は、オカンが勝手に購入したもの。

獅子丸の他のリクエストは「サメ」とやっぱり「蜘蛛」。
どうやら今はそういったことに興味があるらしい。

どうでもいいんですが、購入した絵本、多分5歳+の子どもたちが対象かと思いますが、知らない単語、がっつり入っているんですよね〜。
センテンスは短くてわかりやすいのに(涙)。

さて、ブックフェアを終えて思ったことですが、学校の運営資金集めにバザー+ベイクドセールをやったことはあるけれど、もしかしたら親の財布の開かせるにはブックフェアのほうが、もっといいのかもしれないなと思いました。

もちろん学校に通っている親たちにもよるんでしょうけれど。

というのも、獅子丸が前に通っていたギフテッドの学校でも、やはり運営資金集めの一貫として、ちょうどホリデーシーズンがやってくるというのも手伝ってか、カタログの中からギフトを買ってもらう、ということを「やってください」と言われたから。

ところがその内容がとてもじゃないけれど「すごくいい! 欲しい!」と思えるものはなく、はっきりいって「ダサイ、邪魔くさい、誰がこんなものを?」と思えるものばかり。いくら売った金額が○○ドル以上の人にはiPhoneを、iPadを差し上げますと言われても、ぜんぜんやる気のでない商品がどのページにも載っていました。

そんなことしてまでiPhoneやiPadなんていらないや、欲しかったら正規の値段で購入したほうがいくらでもマシ、と思えるくらいだったのです。

でも、その学校に通っている子どもの親たちにはブックフェアよりも、カタログ販売で第3者から運営資金集めをするほうが、最善の方法だったのかもしれません。

各学校によって、本当に事情は様々です。









ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。