ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

獅子丸の学校で行われたウインターコンサートで大感動!

先週の木曜日の15日、獅子丸の通っている学校で『ウインターコンサート』なるものが行われました。

学年上の混合合唱があり〜の、バイオリンの発表があり〜の、ちびっ子男子のみの合唱があり〜の(獅子丸はここに参加)、もちろんちびっこ女子のみの合唱もあり。

獅子丸が今通っている学校、本当に「」の時間が多いんですわ。
週3時間。

毎週月曜日の朝は、全生徒が集まっています。
今週もみんな、よろしくね、的な挨拶をでしましょう、ということらしい。

火曜日はちびっこ男子のみの合唱クラス。
ちなみに女子は木曜日。

そして金曜日の朝はちびっこたちが集まって(といっても確か幼稚園から3年生の集まりですが)、またの時間。

いったい何をっているんだか。

と思えば、フランスの民謡(一番をフランス語で、二番が英語、三番をスペイン語で歌ってみたり)、アフリカの民謡やらメキシコかどこかの、スペイン語での民謡を歌ったり。もちろんアメリカ民謡も歌っている様子(それが奴隷解放だか何かだったような)。

その成果発表会でもありました。

これには校長先生を始め、ものすごい気合いの入れようでした。

コンサートは子どもたちにとっても大切なこと。もし小さい子どもが泣き出したら素早く講堂の外へ連れ出して下さい。
「携帯電話は電源を切って!
「自分の子どもの写真を撮りたい気持ちはわかるけれど、専属のカメラマンがいるから彼に任せて! あとで学校のHPに写真をアップするから、そこから選んで下さい」
などなど。

ま、それでも写真は撮ってしまいましたが。わはは。



con5
4、5年生はしっかりしていますな。


conv
『ジングルベル』を演奏中


cont
ちびっこ男子合唱隊。獅子丸もこの中におります。



最後の曲の前に『イマジン』を4、5年生たちが歌ったときに、バイオリンの演奏も入ってきて、それはそれは素晴らしかったです!
思わず目頭がジーンとしてしまったり。

なんで子どもが歌を歌ったりすると泣けてくるんでしょうかね!?

ステージに上がっている子どもたちは皆、堂々としているし、何よりもいろいろな人種の子どもたちが混ざっていて、なんかいいなあと思ってしまいましたよ。

一緒に見た友だちは、学校の先生になるべくために、今大学で勉強をしています。
彼女は研修ということで、他の学校へ行っているんですが「同じ子どもでも、なんでこんなに違うんだろう」と言っていました。

でも、うん、本当。
学校によって生徒の質って、本当に違うよなあ。

コンサートを見ていて、あたしは



アカデミックがなんだ!



と思ってしまいました(笑)。

もちろん必要だけど、5歳や6歳児にアカデミック、アカデミックってうるさく言う必要なんてある?

「そんなのんきにしていると、後で取り返しのつかないことになりますよ」と心の中で思っている人たちもいるかもしれないけれど、今はこのままでいいや、とつくづく思いました。

というよりも、獅子丸にはこの学校は「合っている」と。

それが何よりも大切なのではないでしょうか?

それよりも、子供たちの衣装の気合いの入ったことよ!
ウチなんて獅子丸が選んだ、それも着古しているTシャツにスエットです(汗)。
女の子たちはドレスに身を包んでね……すごいわ。

これで歌の時間も減るのかな、と思っていたら、5月に「スプリングコンサート」なるものが催しされます(笑)。

まだまだ続くってことですね。



ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。