ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

99パーセンタイルをとってもCitywideのギフテッドの学校に入れないのは本当?

答えは


YES


だった2009-2010, 2010-2011シーズンです。

今年はいったいどうなんでしょうか?


注)ギフテッドのテストは言ってみれば知能テストでして、その最高値が99パーセンタイルなのです。


つーか、その最高の99パーセンタイルを取ってもCitywideの学校へ入れないっていったいどういうことおーーーーー?!

と思いません?

ニューヨークの教育委員会はいったいなにをしてらっさるのか。

2009-2010シーズンでは、99パーセンタイルを取った子どもが1200人ほどいたということ。
2010-2011シーズンでは、99パーセンタイルを取った子どもが1400人ほどいたということ。
増えてますね(笑)。
そして2010-2011シーズンは学校でも生徒数、クラスを増やしてたくさんの子どもを受け入れたという話でした。

といっても実際に入れた子どもはマンハッタンの3校、クイーンズ、ブルックリンの各1校ずつを合わせても400人弱だったのでは? と計算。
単純計算して約1000人ほどの99パーセンタイルの子どもがあぶれ。

それに、Citywideの学校は97から99パーセンタイルを取った子どもが入れる条件だけど、もし97だったとしても兄弟が上の学年にいたら入れるので、実際、まっさらで入れる、99パーセンタイル子どもの確率はもっと低くなるはず。

なので某掲示板で「ぼくの娘は98パーセンタイルだったけれど、99を取った子どもでも入れないんだから、ぼくの娘には可能性はないよね?」といった、お父さんの書き込みがもの悲しかった……。

そんな中、獅子丸がギフテッドの学校に入れたってことは、やっぱりありがたいことだったんですよねえ……。

とはいえ、1400人も99取れちゃうテストっていうのもいったいなんなんでしょうね?

なので今度からテストは3歳に早めるだの、問題を替えるだのとの話がでてきてるようですが、いったいどうなるのんでしょうか。

個人的には、そりゃ「与えられた才能」というのはあるだろうけれど、そーんなに飛び抜けてすごい才能の持ち主ってそうそういないと思うので、もうちょっと年齢を引き上げたほうがいいんじゃないのかな、とも思ったり。

実際他の州だと7歳や8歳くらいでギフテッドのテストを受けるみたいですからね(と、うろ覚えなんですが)。

小さいうちは、いろんな子ども(例えばジャイアン、例えばスネ夫、例えばのび太など)に囲まれた方が情緒が豊かになると思うんだけれど。それから似たレベルの子どもと一緒に勉強していけばいいんじゃないのかな。

でも子どもによってはいろんなレベルの子どもがいると息苦しい場合もあるから、一概にこれが悪いとも言えないし。
実際に獅子丸が辞めた学校には「毎日刺激が多くって楽しい!」と言っている子もいますからね。

言えることは、このテストにどこまで信憑性があるのか、そしてこのテストのシステムにあたしも含めてたくさんの大人が振り回されていた、いるということ。

根本的にシステムを変えてもらいたいものです。



ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。