ニューヨーク、住んでみればこんなとこ

気がつけばNY滞在10年以上。2006年生まれの息子はハーレムの公立学校へ通っています。住んでみれば「こんなところ」なニューヨーク、をご紹介です。最近はナチュラルライフに興味ありです。Copyright © 2009 - 2015 "New York, sun de mire ba konna toko" All Rights Reserved. 無断転写はご遠慮下さい。

良い学校の定義ってなんだろう?

獅子丸が2歳、3歳と年を重ねるにつれて、学校はどこに入れるべきか?

ということが、年々頭を悩ませるようになってきた。

同じような年の子どもを持っているお母さんたちとの話題も、学校関係の話で大盛り上がり。

数年前の希望としては、獅子丸が幼稚園に入る前には学区のよくないハーレムを抜け出して、普通なレベルの公立学校のある地区へ引っ越し。

予定だったのに、今だにハーレム在住。

ハーレムを抜け出せないんだったら、私立で奨学金をもらえばいいだの、ギフテッドのテストを受けて学区以外の学校へ行けばいいだのと、いろいろと教えてもらったり。

でも

あそこの学校は「いいよ」
あそこの学校は「よくない」

と、よく聞くけれど、何をもって「いい」「悪い」と定義しているんだろう。

その判断の物差しとして使っていたのが学校関係のウェブサイト。


自分がどこの学区に住んでいて、どこの学校へ入れるのか探すために使っていたのは
Insideschools

おや、今見たらサイトが新しくなっていた。
見やすいような、見にくいような。
前は、readingとmathが★5個でランクを表していたけれど、今ではパーセンテージで表すようになっていますね。


あとは私立も検索できる
Great Schools

こちらは全米の学校も探せますね。
前はメンバーにならなくてもさくさく見れたのに、今ではメンバー(無料)にならないといけないというのが、ちと面倒くさい。


そして忘れちゃいけないのが、ニューヨークの公立学校情報のサイト
New York City Department

ここのサイトで、Gifted and Talentedテストの申し込みやスケジュールが確認できます。
他にもニューヨークの公立学校に関して常に情報がアップデイトされていますが……はっきりいって使いこなせておりません(汗)。

ここいらのサイトを読みつつ、あたしよりも学校関連に熱心なオカン友だちとディスカッション。


でもさ、肝心なのは、子どもがその学校に「合う」か「合わない」か、なんだよね。
そのために「合う」学校を探すわけなんだけれど。

ギフテッドの学校で有名なアンダーソンのレビューを読んでいても「すごくいい!」といいう人もいれば「2学年も先の勉強して子供たちはプレッシャーに耐えられなかった」とか(readingのスコアが99.7%でmathのスコアが99.4%。すごい高いねー)。

ハンターに受かっていながらなじめず、日系の私立に編入した子どもいるし。

ああ、難しい。
まじ、難しい。

「日本の学校みたいなところがいいね」とよく日本人のお母さんたちは言うけれど、いやいや、やっぱり学校によって本当に違うから、これから選ぶ人はじっくり研究したほうがいいんではないでしょうか。

あと、親が学校に対して何を求めているのか。
その辺りもしっかり考えたほうがいい、ですよね。

あたしは昔ハーレムの中高一貫の学校で1年ボランティアをやって、その後にギフテッドの高校でもちらりとボランティアをやったけれど、同じ年齢なのに、ぜーんぜん生徒って違うんだよね。

生徒の勉強に対する真摯さが違う、とでもいうのかな。

ハーレムの学校でもトップ10に入るクラスでボランティアをやっているときは、その集中力の違いというのか、勉強好きな態度がでていたけれど、そうじゃないクラスに行くと、テストの時だってうるさいし(答え教えてとも言われたし)、中学生に関しては、席に座らせるだけで授業が終わってしまったこともあり。

ギフテッドの学校の場合は、本当に静かで、おお、これぞまさに日本と同じ! と思えるくらい静かに授業を聞いていて、先生の言うことも普通にやっていて、非常にラクだったもんね。

そしてトイレの清潔さよ。

学校選びのポイントの一つとしては、トイレの清潔さによるんではないでしょうか?

だってねえ、トイレットペーパーが設置されていなかったり(よくある)、あってもペーパーが床に転がっていたり(よくある)、ましてやトイレの鍵が壊れているってのはねえ……いやじゃない?
ハンドペーパーも常にあるというのがいいなあ。

これからスクールツアー(オープンハウス)がたくさんあるだろうから、気になる学校のスケジュールを調べて、行けるんだったらどんどん行くべきだと思う。

公立でもツアーに参加しないと申請用紙もらえないところも増えてきているしね。
って、これってマンハッタンだけなのかしらん?

なんていいつつ、ほとんどオープンハウスに参加しなかったオカンなんですが。
というか、えー、オープンハウスに参加しないと申請用紙がもらえないのーっ、きゃーっ! 
てな感じで、ばたばた、ばたばたして最終日に参加していました。

しかし幼稚園選びにこんなにエネルギーを使うとは思わなかったよ。
そして、ここでコケたら先がないような、目に見えないプレッシャーにとりつかれて、本当に辛かった。
本来であれば、まだまだ未来はあるはずなのにね。

本当に、くるくる、くるくる振り回された1年でした。



絵本の紹介ブログもどうぞ。
独断と偏見で紹介しています。
にほんご・えいご えほん通信

ランキングに参加しています。
ワンクリック、お願いしまする。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。